So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

野うさぎロワイヤル風(Lièvre à la royale) [食事]

昨年はLièvreは食べなかったが、半分の量で値段も半額という注文もできるようなので今年は試してみた。

前菜にFricassée de Girolles, Chanterelles、ジロールのフリカッセ14ユーロresizet170256.jpg

メインの1/2Portion Lièvre à la royale, Tagliatelle、半分量のリエーブルアラロワイヤル・タリアテッレ添え26ユーロ

resizet170255.jpg

昨年リエーブルを自分はもう食べないだろうと言うようなことを書いたが、1/2の量なら試してみるかなと思って注文する。リエーブルは野兎で、フランス料理の独特なジビエ料理だ。調理が大変なのと素材の問題もあるので、通常容易にレストランで出せる料理では無いらしい。野兎の血や内臓が入っているので、かなり独特な強い味・匂いがする。私は生姜のにおいを少し感じる。たくさん赤ワインも使うのだろう。そうしばしば食べるものではなさそうだ。私はどうだろう。食べると自分には胃に負荷がかかるように思えた。

この店の名物らしく、向かいのテーブルのムッシュ3人、隣の高齢のムッシュもリエーブルを注文だ。ただし私のように半分でなくフルの量だ。タリアテッレをソースに絡めて食べると、うまい。隣の高齢のムッシュはタリアテッレでなくジャガイモのダイス切りで、特注なのだろうか。

食事が終わるころChefのBertrand Gueneronさんが席に出てきて客に握手していた。私も握手した。写真よりも少しふくよかに見えた。resizet170254.jpgresizet170253.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『没後30年銅版画家清原啓子』展をみる [日々]

日曜美術館で紹介されていて、どうもこれは見ておいたほうが良さそうだと思い、八王子市夢美術館に出かけてみることにした。resizet170234.jpg

この放送を見るまで、この作家のことは知らなかった。1955年生まれで亡くなったのが1987年と、若くしてなくなっているが、息が詰まるような作品への集中のようなものが感じられた。残された作品はわずか30点だそうだ。

孤島』の製作過程というか、なんども修正を繰り返し最終作品になるまでの試し刷りが何枚も展示されていて、これだけの労力がこめられているのに驚く。この一連の試行過程を見る前に、自分は作品を見ただけで、そういった背後にこめられた時間・労力を意識することは無かった。この試作中の日々のスケジュール表も見られて、食事や読書、起床就寝時間などが記されていて興味深い。

亡くなる前の詩のような日記のようなものを読むと、これも凡人の私にはやるせない感じがした。

版画の展覧会で自分で見に行こうと思った作家は長谷川潔、あとはハンスベルメールくらいだろうか。ベルメールに関しては記述は無いが、少しなにか連想するものがあった。

出かけてよかった。もう少し近ければもう一度行きたいが、八王子はとても遠かった。


コメント(0) 
共通テーマ:アート

カオカームー [食事]

今日は外出して昼食が遅くなってしまった。地下鉄一日券があるので神田まで出かけてカオカームーにする。タイ料理店の豚足煮込みだ。

有楽町のガード下にあった頃は良く食べたのだが、神田に移転してからご無沙汰していた。最近また食べに出かけるようになった。ゼラチン質が不足しているのだろうか。resizet170233.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旅行より戻る [旅行]

画像の使用領域が少し逼迫してきたので写真の多い旅行関係はこちらに書くことにする。

resizet170209.jpg


コメント(0) 

出かけてきます [日々]

ちょいとチーズとiPhone を買いに出かけることにした。スーツケースを新調して容量が増えたので、シャンパーニュも良さそうなのがあったら買ってくる予定だ。

AdSense、まだ要注意のアラームが無くならない。


コメント(0) 

アテネ、ゼウス神殿 [旅行]

朝食を十分食べ燃料補給の後、この日はゼウス神殿へ向かうことにする。地下鉄でアクロポリ駅で降り、歩いて向かうが、連日37℃くらいの気温で日差しが強い。途中交差点の信号を渡った後に、もう少し近くで撮りたいと思った古い切り株のようなものがあったのだが、戻って撮るということまではできなかった。ここにまた来ることは無いだろうとは思うが、少し残念な気もするが、まあそんなものだろう。resizet170209.jpg

resizet170202.jpg

高いところにアクロポリスが見える。resizet170208.jpg

ぐるっと周って朝食でずいぶん水分は取ったと思ったが、脱水したようで喉が渇く。近くに自動販売機があったので水を買う。resizet170201.jpg時としてこういった自動販売機は「貯金箱」になっていることもあるので、前の人が買えたのを確認してから買う(それでもだめなときもあるかもしれないが)。0.5ユーロの現金払い。この旅行初めての現金の支払いだ。resizet170200.jpg

水分補給し、次はアクロポリスを経由してローマ時代のアゴラ、アテナイのアゴラに向かう。resizet170205.jpg

高台に見晴らしのよいところがあるので上る。五葉松のような松だが日本のものより葉が長いかな。まばらなので長く見えるのかな。resizet170204.jpg

resizet170203.jpg左の緑のなかにアテナイのアゴラが見える。resizet170207.jpg


タグ:athens
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

アテネ、朝食3 [旅行]

3日目なので、大体食べたいものが決まった。フェタとトマトきゅうりはうまい。オリーブオイルをかけるのが本場?かもしれないが、多少脂分を抑えておく。ソーセージはアラブ風のスパイスが気に入った。resize17_0896.jpg

卵は目玉焼きとスクランブルエッグが日替わりのようだ。この日は目玉焼きだったが、目玉焼きの前で少し悩んでいるように見えたのか、係りの女の人がスクランブルエッグを作りましょうか?と言うのでお願いする。トマトも入れるかどうか聞かれたので入れてもらう。resize17_0895.jpgと言うことで、後でテーブルまで持って来てくれた。このホテルは開業して間もないので、係りの人も若い人(新社会人のような)を雇っているようだった。この女の人は腕にファッションなのか刺青があった。

スイカとメロン、チェリーresize17_0894.jpgもう満足。これ以上望まない。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アテネ、夕食3、ラムのはずだが…… [旅行]

かなり暑かったので、室内の冷房が心地よい。なかなか良さそうな店だ。

白ワインをグラスでresize17_0893.jpg

Smoked eel fillet(100gr) topped on lettuce and onion

Served with mayonnaise sauce flavored with green paper(pepper?)

鰻の燻製と言うのを注文してみた。なかなかうまい。Menuに上記のようにpaperと記載されていたが、pepperだろう。

resize17_0892.jpg

オリーブのタプナードのようなもの。これもうまいけど。resize17_0891.jpg

次がラムを注文してあるのだが、出てきたものはどうもラムに思えない。ポークではないだろうか。ウェイターに聞いてみると、これはラムだ、というのでまあしかたがない。Baby lamb with potatoes flavored with rosemary baked in a pot(unboned)ラムにこういうソースってあり?resize17_0890.jpg

メインがどうも満足行かず、少し残念な食事となってしまった。遅い昼食のような、早い夕食のような時間なのでこのあとはホテルに戻って缶ビール飲んでおしまい。


タグ:athens
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アテネ国立考古学博物館を出る。 [旅行]

resize17_0888.jpgresize17_0887.jpg展示を見て、足の方も疲れたし十分かなと思い少し休憩でもできるかと地下のカフェのようなところを見てみる。けっこう混んでいるようなので落ち着かなさそうなので、街中へ出て昼食でも食べるかと外へ出る。地下のカフェresize17_0889.jpg

外へ出る。resize17_0886.jpg

外は暑い。resize17_0885.jpg

地下鉄駅へ向かうresize17_0884.jpgresize17_0883.jpg

Victoria駅から乗換駅のOmonia駅に行こうとしていたのだが、反対方向に乗ってしまい次の駅で降りてまた戻る。Omonia駅で乗り換えSyntagma駅へ。resize17_0882.jpg

Victoria駅も治安に多少不安があるような雰囲気を感じるので、駅ホームに係員が常駐している場所があるのでその付近で待って乗ると多少良いかもしれない。


タグ:athens
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

アテネ国立考古学博物館 [旅行]


アクロポリスで買った共通入場券で入れるものだと思い込んで、チケットだけ持って荷物を預ける。カメラだけは持って入れるが、荷物は預ける必要がある。入場の際共通券を見せ、一旦はスルーしそうになったが、呼び止められこれでは入れない、と言われる。もう一度荷物を引き取り書面(共通入場可能場所)を良く読むと、どうもそのようだ。共通券で入れると思って来たので少しがっかりするが、理性を取り戻し、入場券を購入する。

入ってすぐに教科書で見た黄金のマスクがある。アガメムノンのマスク、ミケーネでシュリーマンによって発見されたものだ。これは教科書で見たときも、そのときからずいぶん時間が経って実物を見ても、なにか高揚感はない。遺体の顔を覆うマスクだと言うことを今回気がついた、意識したような気がする。教科書で見たときは、歴史の一つの知識として、特にそう意識したわけではなかったと思う。そういうものに高揚はあまりしない。けっこう薄くてぺらぺらしている。もっと厚いものかと(勝手に)思っていた。resize17_0877.jpg

こちらは眉毛がつながっている。「日本人」では少数派なので、多数派の人はこれに敏感で、八の字や下がり眉には寛容なのは、極東で多数派かどうかと言うことだろう。ダイバーシティの受容度の目安にもなる。resize17_0876.jpg


resize17_0869.jpgresize17_0879.jpg

イルカに乗ったポセイドン?resize17_0870.jpg

これは最近よく見るニュースの前に出てくる映像を連想してしまった。resize17_0872.jpg

こちらも教科書にあったようなたこの柄の壷。resize17_0871.jpg

これなんか今でもよく見る図柄のような感じがする。resize17_0874.jpgresize17_0873.jpg

このいのししはよくできてる。resize17_0878.jpg

これはアジアの方にも共通する感じがする。フレスコ画(の複製?)resize17_0875.jpg

見ごたえがあるので、長い時間を過ごした。この日はこの博物館がメインだ。


Omonia駅周辺は治安があまりよくないのでVictoria駅から歩いた方が良いとのことだ。




タグ:athens
コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -