So-net無料ブログ作成

『没後30年銅版画家清原啓子』展をみる [日々]

日曜美術館で紹介されていて、どうもこれは見ておいたほうが良さそうだと思い、八王子市夢美術館に出かけてみることにした。resizet170234.jpg

この放送を見るまで、この作家のことは知らなかった。1955年生まれで亡くなったのが1987年と、若くしてなくなっているが、息が詰まるような作品への集中のようなものが感じられた。残された作品はわずか30点だそうだ。

孤島』の製作過程というか、なんども修正を繰り返し最終作品になるまでの試し刷りが何枚も展示されていて、これだけの労力がこめられているのに驚く。この一連の試行過程を見る前に、自分は作品を見ただけで、そういった背後にこめられた時間・労力を意識することは無かった。この試作中の日々のスケジュール表も見られて、食事や読書、起床就寝時間などが記されていて興味深い。

亡くなる前の詩のような日記のようなものを読むと、これも凡人の私にはやるせない感じがした。

版画の展覧会で自分で見に行こうと思った作家は長谷川潔、あとはハンスベルメールくらいだろうか。ベルメールに関しては記述は無いが、少しなにか連想するものがあった。

出かけてよかった。もう少し近ければもう一度行きたいが、八王子はとても遠かった。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント