So-net無料ブログ作成

ホッケの一夜干 [食事]

良く行くスーパーで先日北海道フェアをやっていて、ホッケの開きを売っているのが目に入った。生の開きで割合うまそうに見えたので、購入してみる。ホッケはこういう時でないと生で売られているのをこの辺りで見ることはないと思った。結構重量もあり、2尾で398円の2割引なので割安だと思い、また生で買うとどういうものになるのか、試して見ることにする。一夜干にするとうまそうなので、塩をして一晩干して焼いてみる。

resize18_0116.jpg

秋刀魚や鰯の一夜干の自家製造の過程で、塩加減は大体つかんでいるつもりでいるのだが、我ながらかなりうまくできた。普段から売っていれば通常メニュー入りしそうだが、2割引になるくらいだから需要はないのだろう。しかし、もし良さそうなのを見つけてたら、買いだ。

Wikipediaでホッケの分類をみると、「……カサゴ目、アイナメ科……」とあり、なかなか高貴な家系のようで、秋刀魚や鰯鯖のような大衆魚とはちがうようだが、価格は庶民価格だった。税込みで一尾172円くらい相当なので、大変お得な買い物だった。以前は飲み屋のメニューにあるくらい安かったが、今は高騰しているようだ。

良さそうな生の魚の開きが売っていると、一夜干にしている。自分の一番のお気に入りは今は季節ではないが秋刀魚だ。安くてとてもバランスのよい一夜干ができ、うまいと思っている。

この辺りは海無し県だが、他所から転入してくる人も多いだろうし、何と言ってもスーパーが何軒もあり競争も激しいと思うので、スーパーめぐりでよい魚にご対面する機会があり楽しい。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント