So-net無料ブログ作成

2019年食費7月まで [家計、節約]

7月が終わり、今年も213日が過ぎた。7月の食費傾向としては、課題だった果物と野菜の割合をを増やそうと思い、少し結果に現れたようだ。chart201907.png

6月終了時点から7月終了時点で食費に占める割合を比べると、野菜で3.7%から4.2%へ0.5ポイント、果物が0.7ポイント増加した。野菜はトマト、なす、きゅうり、にんにく、いんげん、とうもろこし、など。果物はメロン、ブルーベリーを良く買った。

食費全体としては7月も6月とほぼ同程度だった。肉・魚が減少した。気になるのは惣菜類の購入が増えていることだが、総額に大きな変化が無いので、少し様子見とする。

chartsuii.png

なるべく割引になった食材を購入するようにしていて、米もそうしているが、自分の食費の構成では仮に倍の値段の米を買っても食費全体では1.6%程度なので、さほど影響はないはずだ。それよりも酒をやめるか減らす、惣菜類を工夫する、外食を減らす、という3つが食費を減らすのに効果がある。今のところ現状で特に問題にはならないだろうということでやっており、それら3項目はいざとなって食費を減らす必要が生じた場合、割合容易に削減できる、というある意味緩衝材というか、安心材料になっているのかもしれない。例えば酒を飲まず、惣菜も買わず、外食もしない、が基本の食費だと、このところじわじわと食品が高騰してきているので、これまでの食費を維持するのは厳しくなるのではないだろうか。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理